みんみん ぶろぐ

自己紹介★九州住みです。主人と三人の娘と暮らしています。生活感満載のブログです。日々の生活からの思いを書きます。

ありがとうと思う気持ち

 先日、主人と「ありがとう」について久々に言い合いになりました。

その時に感じたことは口先だけの「ありがとう」はアリなのか?ということです。

今日は私なりに「ありがとう」の意味について考えます。

 

 

 

はあ?アド知らんし

 この間、もうすぐ〇〇くん(主人)のお誕生日だから。。ということで私の母から預かっていたお小遣いを手渡ししました。その2日後、「母にお礼のメール送った?」と聞いたところ、「は?アド知らんし」との返事。

 いやいや、そって最低限必要でしょ。しかし、結婚して10年以上。。こんな感じのやり取りで何回も言い合いしてきた。

f:id:minnminnemi:20200603175628p:plain

黙ってみる

  言ってだめなら黙っておこう。自分で気づくのを期待して。

「ふ~ん」と言って黙ってみた。

主人「ごめん。。お母さんのアド教えて」

うん。この場を収めようとしているね。このやり取りも何回もしてきた。

心から思っているわけではないことがわかります。とりあえず「自分で調べて~」とスマホを渡す。今回もその場しのぎで解決しました。

 

心からのありがとう

 主人のことはさておき、自分は心からありがとうやごめんねなどの言葉を伝えているか?ということ。

なにかしてもらったら適当に「ありがと~」頼み事をする時に「忙しい時にごめんね、あのさ~」って言っていることもあるかもしれない。自分を見直すきっかけになりました。

 

絶対にお礼を言わなくてはいけない?

 言葉ばかり気にしてしまって、気持ちが抜け落ちてしまっている時もあるかもしれない。例えば、子供に「ほら、お礼言いなさい」と言って子供が「ありがとうございました。」と言っても「ありがたい」気持ちは子供は感じていないかもしれない。

なにかしてもらったらお礼を伝えることが大切、と教えたあとに「〇〇してもらったよ。嬉しいね。」と言うと子供は自然に言葉が出るんじゃないのかな。

 

まとめ

 お礼は大切だけど気持ちがこもっていなければ意味がない。しかし、自分はできているのにこの人はできていない、と決めつけるのはよくないですね。生まれ育った環境も違いますし。言葉には表せなくても気持ちはとても大きいかもしれない。

 その気持ちを伝えられるのはやはり言葉なので、思っている気持ちを言葉で伝えることができたらパーフェクトですね(^^)/